ハンエスやまさんのダイアリー

ハンドエスオーナーの、やまさんの日記です!

ブーツの豆知識

オーストリア国家検定スキー教師の話

(白いブーツメーカーのご紹介で)



オーストリア国家検定スキー教師がお越しになりました。



新潟県湯沢町の某スキー場で、レッスンに励んでいるHさんです。



奥様(同じくオーストリア国家検定スキー教師)とお二人で、



年間を通してスキーレッスンをしている強者でして。



確か、明日から八甲田山にスキーツアーを開催するとか・・・



また、海外スキーツアーも毎年実施しているとのこと。



オーストリーのツェルマットに知り合いの宿があり、



そこを拠点にし、お客様を楽しませているとのお話をお聞きました。



ドイツ語もバリバリ!



現地のいろいろなお話をお聞かせいただきました。



「コロナが終息したら、私も参加したくなりましたよ~」





(さて、ブーツの話に戻します)



ご依頼は、左右の舟状骨のアタリ加工でした。



まれに見る舟状骨の異常な突起に、私も驚きを隠せず。



「ここまで大きくなるまで良く辛抱しましたね~」



「相当痛かったことでしょう~」



ということで、昨日ブーツをお預かりまして。



昨日~今日と、2日間かけて加工しています。



ご指定通り4月19日着で送りますので、よろしく!





あ、この先生のブーツも私と同じ白いブーツでして、その変色に驚きました。



左:やまさんのブーツ  右:先生のブーツ

DSC07834



ズームイン!

DSC07835



この2足(先生と私)は、どちらも先シーズンの2月に筆卸しました。



で、今シーズン使用後(2年目)の状態です。



滑走日数から言えば、先生の方が断然多いので・・・



比較するのもどうかとは思いましたが、参考のために画像を載せました。



白いブーツは他の色に比べて、変色することは承知していましたが。



このWCRの変色を始めて目にしました。



画像ではわかりづらいのですが、白ではなくベージュ色です。




ちなみに、私のブーツは変色を防ぐお手入れ剤で磨いてあります!



なので、2シーズン使用で、この程度の変色で済んでいるのかもしれません。



これについては、近々、お客様のブーツをチェックし確認する予定です。



「結果報告をご期待ください!」





(ここにきて)



GWのご予約が入ってきました。



コロナ対策を万全にして、春スキーにお越しくださいますようお願い致します。



で、その帰りにお立ち寄りくださいませ~



「大好評の骨格矯正ボードを、ぜひご体験ください!」



「目から鱗」状態になること間違いなしかと思います。




では、皆様のお越しをお待ちしております!



こちらもよろしく!






人気ブログランキング

このメーカーのブーツは、要注意!

今日もブーツのお話を少しさせていただきます。



滑りに最も影響を及ぼすブーツの硬さ=フレックスについて。



各メーカーのブーツのフレックス数値は、



統一されたものではない、ということは再三申し上げています。



なので、A社の130と、B社の130は同じと考えないこと。



カタログ上の数値を鵜呑みにして購入することは絶対避けたいところです。



やはり実際にブーツを履いて確認することが、



ご自分でできる最善の方法かと思います!



その際の問題点として。



(夏場に展示会場で履くと、気温が高いため)



ついつい硬いブーツをチョイスする傾向にあるのも事実。



で、雪上に出てみて後悔・・・



翌年、ネットオークションに出品~ となります。



夏場のチェックにおいては、軟らかいと思うぐらいの硬さをお選びください。



「高い買い物です、ほんと、お気を付け下さい。」





ちなみに、私の場合のフレックスをチェックする際の目安は!



自分が使用している「ノルディカドーベルマンWC100」の数値を基準にして、



各メーカーのフレックス数値を、独自に判断しています。





(昨年の一例ですが)



昨年の2月、ヘッドより来季モデル「WCR」という新機種が発表されました。



つま先が長いブーツで、その形状を見るとラングかと思いました。



で、足入れをすると・・・



踵の収まりが誠にGOOD!



初対面で惚れてしまいまして、即、テストしたいので購入してしました。



で、昨年の2月末に「WCR4」が届きまして、早速雪上にGO!



(購入した機種はWCR4,フレックス130)


DSC06671



雪上で滑ってみると、足首がスムースに動いていい感じ~



タングに圧をかけると、ターン後半スキーに走りを感じる優れもの~



買って正解でした!



ですが・・・



ノルディカドーベルマン130とは違い、全体的にソフトな感じを受けました。



「このブーツ、ほんと130もあるのかな?」


 

で、シーズン後半、ヘッドの方がお越しになった際に。



私「WCR4のフレックスは130とありますが、軟らかく感じますね~」



 「フレックス数値、間違っていませんか?」



ヘッド「いえ、本国からのデータですので間違いないです!」


(確かにNEWカタログにも、WCR4のフレックスは130と明記)



私「そうですか、ま、数値はともかく動きやすいブーツに感動しましたよ~」




(その数日後)



ヘッドジャパンより連絡あり。



(詳細は省きますが)



結論から申しますと、やはり130のフレックスはないとの事でした。





で、21ー22来季のカタログを見ると・・・



WCR4のフレックスは、120となっていました。





さて、このブーツのフレックス数値。



ヘッドブーツはまだ良心的な方でして。



私から見ても、明らかに数値がおかしいと思うブーツがあります。



実際は数値より相当硬いケースが多く・・・



例えば、フレックス110とあっても、実際には130,いやそれ以上かと。



そのブーツをご使用の方からは。



イエティ(シェルオープナー)のご注文をいただきます。



ブーツが硬いため、足入れがしずらいとの理由で購入とのこと。





とにもかくにも、スキーの上達を左右するブーツです。



ご自分のレベルと骨格に合う、最適な1足をお探しくださいませ~





これより数値が明らかにおかしいブーツをご紹介いたします。



「お買い求めの際には、要注意です!」



メーカーさんも見ていると思うので、ここはハンドエス倶楽部会員限定にて!




このブログの下部よりお入りくださいませ。




この画像をクリックしてください!
にほんブログ村 スキースノボーブログへ


人気ブログランキング

続きを読む

ブーツフレックスによる、滑りの変化について

山ノ内町、本日、晴れ~~



気温も高く、まるで4月頃の陽気となりました。



ここにきて、標高の低いスキー場の雪解けが進んでいるとのこと。



志賀高原も5月連休まで営業できるのか・・・



「やや、心配になります。」






さて、今日は少しブーツの話を致します。



テーマは「ブーツフレックス」について。



モデルは、長野県のNさん(男性57歳)。



スキーを始めたいとのことで、5年前にお越しになりました。



スキー歴は、2020-21シーズンで5年目。



年間の滑走日数は10日程。



(5年前にお越しの際)



ノルディカDB・WC100を購入していただきました!



合わせて、ブーツチューン(TYPE3)をしました。



毎年少しづつ上達しまして。



スキーを始めて4年後の2020年3月の滑りです!


nakamura2020-1



ここ数年、同じシルエット・・・



本人曰く。



「昨年、初めてスキースクールに入りレッスンを受けました~」



とのことですが。



レッスンの効果のほどは、見受けられず・・・



滑走スピードだけは、1級レベルまで上がってきたのが唯一の進歩かと。





で、スキーを始めて5年目となる今年。



志賀高原一ノ瀬ファミリースキー場での滑りをご覧下さい。



nakamura2021-1



(だれ~ この人?)



1月、スキー仲間数名で志賀高原に滑りに行きました。



Nさんも参加。



そして、NEWブーツの筆おろし~



(ゲレンデに行き、皆で滑っていると)




スキー仲間Aさん「だれ? Nさんなの?」



スキー仲間Bさん「ウエアーが変わるとシルエットも変わるな~」



私「ウエアーでここまで滑りが変わらないでしょ!」




実は、このNさん、今季よりブーツを買い換えまして。



20-21ノルディカDB・WC100に変えました。



(画像のブーツはフレックス100ではありません)
DSC06522



私もマジで驚くほど、Nさん、滑りが劇的に変わりました!



「Nさん、身体の使い方が良くなりましたよ~」




でも、Nさん曰く。



「ブーツが軟らかく、膝が入りすぎて怖い~」とのこと。





(画像を今一度ご覧下さい)



みなさん、膝が入りすぎているように見えますか?



「そんなことはありませんよね~」



足首の角度といい、膝の曲げ具合など適正になりました。



また、上体の内倒癖も改善されたかと・・・



(昨年までのシルエット、エッジの捉えが甘く棒立ちが解消)



「Nさん、今季はまるで別人の滑りですよ~」と皆に褒められていました。




こうなると、スキーが断然面白くなります。



滑れば滑るほど、どんどん上達します。




「レベルアップが、大いに期待できますね~」





もちろん、Nさんだけではありません。



ハンドエスにお越しの多くの方は、同様にレベルアップしています!



で、数年後にテク取得を目指すレベルになる方が多いのも事実でして。



皆さま方より、感謝の貢物をいただいております。





(冗談はさておき)



なぜここまで滑りが一気に変わったのかご説明いたします。



最初買っていただいたブーツのフレックスは、100でした。



(画像のブーツフレックスは、100ではありません)
DSC01624




で、今回のブーツのフレックスも100。



カタログ上では、全く同じです。



しかし、実際履いた時のフレックスは大きく異なります。



5年前のノルディカDB・WC100 実際のフレックス値は120~130程度。



今回のノルディカDB・WC100 実際のフレックス値は、110程度。



このブログでも再三申し上げていますが・・・



ブーツメーカーによるフレックス数値は全くあてになりません。



*A社のフレックス 130


*B社のフレックス 150



でも、A社の方が硬いケースがあることをご承知おき下さい。




ブーツにより、滑りは即効変わります!



だからこそ、ブーツチョイスは慎重にしたいところです。



結論、Nさんが上達した原因は!



(ブーツのフレックスを下げた結果)



足首や身体を、能動的に動かすことができたからだと推測されます。






「テクを目指すなら硬いブーツでなくてはだめだ」と言われて。



60歳前半の男性が、フレックス130のブーツを購入。



滑りが全く変わらず、挙句に不整地で転倒=怪我・・・



今季お越しになった方の実例(コメント)です。





ここで、ブーツチョイスのポイント!


①ご自分のスキーレベル確認(見栄を張らないこと、これ重要)


②何をしたいのか(資格取得なのか、楽しく滑れれば良いのか)


③膝下の長さ(身長)、脚力と体重


④脹脛の太さ



以上を考慮し、十分に信頼できるショップに相談してお買い求めください。



まずは、自分に合ったブーツを見つけることが先決です。



で、次にブーツチューンの話になりますので。



(インソールやフォーミングなど、ブーツが決まってからの話)





「ブーツは高い買い物です。慎重にお選びください。」




この画像をクリックしてください!
にほんブログ村 スキースノボーブログへ


人気ブログランキング

このようなブーツの持ち込みはお断りしますので・・・

今日は、スキーツアーの片付けをしまして。



その後、1名の方がお越しになりました。



なので、今日はゆっくり過ごすことができました~



で、明日ですが3名のご予約でしたが、和歌山県の男性より予約が入りまして。



なんと4名のご予約。



明日は忙しい1日になりそうです!





(ブーツの話を少し)



各ブーツメーカー、ここ数年カスタム関係のパーツを販売しています。



「私は大歓迎です!」



例えば、ボトムアッププレート(リフター)3mm・5mmとか。



リアスポーラー、フロントスポイラーとか。




ですが、ここだけの話。



各種パーツがその人に効果があれば、問題ないのですが。



パーツの効果も把握せず、ただただ付ければよいというお店もありでして。



パーツ等が脱着できれば問題ないのですが。



私が一番ブーツ加工のご依頼で困るのは・・・



ブーツのソールをカットして、持ち込まれるケースです




(ここ最近では減りましたが)



以前に多かったのは、ブーツのソールを(カントをつけて)削る加工です。



それも、マイナスカントで・・・




その調整により、滑りに不満や不具合がありお越しになる方がいました。



(本来なら、加工したお店に行くべきかと思いますが)





ちなみに、測定器でチェックすれば!



マイナスカントではなく、オーバーカントに調整しないといけない方のほうが



多かったのも事実です
(今回詳細は省きます)。





では、なぜ骨格とは逆のカント調整の加工をしたのか?



お越しになった方にお聞きすると。




お客様「カントは、お店任せです・・・」




私「そのお店で、測定機でカントチェックは受けましたか?」




お客様「していないかと・・・」




(お話を十分にお聞きしまして)




私「すいませんが、ソールがマイナスに削られていると正しい加工
 

  ができません・・・」




 「カント調整は骨格に影響しまして、いい加減な調整では膝や腰に痛みが出ます」




 「製造物責任の観点から、他のショップの再調整は残念ながらお受けできません」




過去に数件あった実話です。





なので、他のショップでソールを削ったブーツの調整は、


お断りさせていただきますので、ご承知おきくださいませ。





ソール削りしていない通常のノーマルブーツにつきましては、


ブーツチューンOKです!


お持ち込み歓迎致しますので、ご安心ください!







滑りを変えるためのチューンで、カント調整は大事なポイントです。



ハンドエスでは、ソールを削らずにカントプレートを採用しています。



滑走スタンスや種目に応じて、カントの度数は変わります。



なので、張替えが簡単に行える仕様で取り付けしています。





皆様方には大変好評でして。



滑りを変えるための重要なアイテム&加工なのです!






ですが、目視では絶対無理な加工・・・



ちゃんとしたデータの取れる測定器がなければカントの数値を出すことは不可能。



また、滑走スタンスによりその数値は変わります。




その点を熟知しているショップにおいて、



カント調整加工をご依頼することをお勧めします。





ちなみに、ハンドエスではカントプレートの度数を、



0.5度、1度、1.5度、2度、2.5度、3度まで揃えています。



それ以上の度数は、人体に悪影響を及ぼすとのことで入手不可です。



ちなみに、カントプレートの料金(材工)で、片足7000円+税です。



(チェック代は別途5000円+税かかります)



レベルアップチューン後に行うとさらに効果大!



「滑りが一気に変わるかも~」




ブーツメーカー&機種により、効果の程に差がでます。



(今回、バッドブーツメーカーの名前は出しませんが)



なので、個人差があることだけはご承知ください!






最後に。



ソールカント&カントプレート等で、滑りに不具合を感じたら。



加工したショップで、最後まで面倒を見てもらってください。






ハンドエスにお越しいただければ、このカントプレートの効果を、



実際に体感していただけます!



テクニカル・クラウンレベルを目指す方には、お勧めのパーツかと思います。



社会人レーサーの方も、ぜひご検討ください!




この画像をクリックしてください!

にほんブログ村 スキースノボーブログへ



人気ブログランキング

コロナを蹴散らせ!スキー滑走3日目の滑り

山ノ内町、本日、曇り。



ここ数日晴れまして、屋根の雪の量が減ってきました。





それにしても、コロナ感染者数減りませんね~



4都県に緊急事態宣言が発令されまして2週間ほど・・・



その後、7府県にも発令・・・



しかし、感染者数は劇的に減らず、微減が続いています。



TVで専門家の方々のコメントをお聞きすると、



2月7日の解除は延期されるとのご意見が多いです・・・



(3月初旬から中旬ごろにかけて、解除されるとの見通し)



となると、2月の活動・行動自粛が続くことは明らかです。



あ、2月3日~5日開催の、全国中学校(全中)スキー大会が



中止になりました。



選手やその親御さんはもちろんのこと。



開催地の野沢温泉村の宿泊関係者は、肩を落としているとの報道が・・・



インターハイ(戸狩温泉スキー場開催)も同様に心配になります。



国体は秋田県の花輪スキー場での開催です。



さてさて、選手たちの為になんとか開催できる方向で頑張って



いただきたいと、切に願います。






私も、来季モデルの件で2月の都内出張を予定していました。



ですが、現時点では行く気になれず・・・



(なにはともあれ)



緊急事態宣言が解除されないと、身動きが取れず窮屈です。



ほんと、暗いNEWSばかりで。



笑顔が少なくなった やまさん でした。




なので、そのストレスを発散するため、思い切り攻めましたよ~



「下記、動画をご覧下さい!」



コロナを蹴散らす気持ちで滑りました。




あ、ボトムアップ7mmの効果、この滑りに表れています!



バーンコンディションは悪く、



積雪10cm、下地はボコボコで滑りづらい・・・






エッジの捉えをさらに高めたい方、ボトムアッププレートお勧めです!



(滑りのイメージにもよりますが)



3mmより5mmプレートの方が、効果の程、期待できるかと思います。



こちらもよろしく!




DSC07504


DSC07503

ギャラリー
  • 久しぶりの遠出!
  • 久しぶりの遠出!
  • 支援金には、ほんと感謝です!
  • 一時支援金か・・・
  • 受注OKです!
  • 福井県60歳代の男性!
  • 面倒なスキーヤーはお断りします!
  • GW終了後の週末は・・・
  • クラウンお受験用ブーツの話
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: